トップ 整形外科ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

整形外科ナビ兵庫県 > きのしたペインクリニック

きのしたペインクリニック

きのしたペインクリニック

痛みのない生活へ。あなたのその「痛み」。ご相談ください。

ペインクリニック(疼痛外来)の診療をおこなっています。

ペインクリニックとはすべての痛みに対して専門的に治療する外来です。
神経ブロックをはじめとしたペインクリニック独自の治療により痛みやさまざまな苦しみを取り除くことで、皆様がいきいきとした元気な生活を送れるよう努力します。

きのしたペインクリニック:DATA
住所〒671-1321
兵庫県たつの市御津町苅屋56-9
電話079-227-3687
FAX079-227-3956
URLhttp://www.kinoshita-painclinic.com/
営業
駐車場12台
隣接薬局に4台
業種
アクセス◆鉄道
山陽電鉄網干駅よりタクシーにて約5分
◆バス
山陽電鉄網干駅より神姫バス「大浦行き」苅屋西停留所・下車徒歩3分
お役立ち情報ペイン(痛み)+クリニック(診療所)=痛みの診療

全身のあらゆる痛みに対応しています。
お気軽にご相談ください。

きのしたペインクリニックの地図

兵庫県たつの市御津町苅屋56-9 (Sorry, this address cannot be resolved.)

きのしたペインクリニックの詳しい情報です!

○ごあいさつ
昭和48年神戸大学医学部卒業。49年より合田隆一先生に神経ブロックの手ほどきを受けて以来ペインクリニックに従事。昭和61年、公立御津病院(現在:たつの市立御津病院)に播州地区の麻酔科外来(ペインクリニック)を開設しました。特に平成に入ってからは透視下ブロックに力を注ぎ、透視下ブロックでは兵庫県下でも有数の数を行ってきました。透視下ブロックは『より安全(Safety)、より確実(Steady)、より迅速(Speedy)なブロックである』との信念に基づき行ってきました。そのため透視下ブロックが即座に行えるように設備を整え診療上必要であればリアルタイムに透視下ブロックを行い、痛みの著しい患者さんに速やかに痛みを和らげることを第一目標にかかげました。
また痛みを伴う透視下ブロックとしてされていた「神経根ブロック」も手技を工夫して「痛くない神経根ブロック」を目指しており、まだ改良途中ではありますが多くの患者さんに神経根穿刺時の痛みをあまり感じずに神経根ブロックが行えるようになってきました。
ガンの痛みについてもペインクリニック専門医の立場からご相談にのり適切な痛みの緩和方法について患者さんと一緒になって実行したいと考えています。
入院治療が必要な場合は姫路赤十字病院麻酔科等と連携して治療にあたります。手術が必要な場合も手術のエキスパートを紹介いたします。

■神経ブロックとは
神経ブロック療法とは、痛みの原因となっている神経の近傍に局所麻酔薬を注射する方法です。神経ブロックと言っても痛みの原因疾患や痛みの程度により方法は多岐にわたります(100種類以上)。使用する薬剤は主として局所麻酔や抗炎症薬ですが、薬剤以外に高周波で神経ブロックすることもあります。

■扱っている疾患
腰痛、坐骨神経痛
ぎっくり腰、腰椎捻挫
椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症
骨粗鬆症、腰椎圧迫骨折
帯状疱疹、帯状疱疹後神経痛
顔面の痛み(三叉神経痛)、舌の痛み
慢性頭痛(片頭痛/緊張型頭痛/群発性頭痛)
肩凝り、首の痛み、頸椎捻挫
手のしびれ・痛み、幻視痛、肋間神経痛
手術後の遷延した痛み(頸椎、腰椎、肺や食道など)
関節の痛み、リウマチの痛み
閉塞性動脈硬化症、バージャー病
ゴルフ肘、テニス肘
痛み以外の疾患(顔面神経麻痺、顔面痙攣、多汗症、突発性難聴、アレルギー性鼻炎、手足の血流障害)など



スポンサー広告

ネットショップ広告


整形外科ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 肘内障の概要

肘内障は、手を強く引っ張られたり、何かにぶら下がったりしたことなどが原因で、肘が痛くて曲げられなくなるものです。主に、2歳~5歳の幼児に頻発します。脱臼としばしば勘違いされることがありますが、関節を構成する骨にズレを生じるのが脱臼であるのに対し、肘内障は靭帯にズレを生じた状態なので、全くの別物と言えるでしょう。 肘内障を1度起こすと繰り返し易いというのはよく言われる事ですが、7歳頃になれば靭帯が十分に発達するため、段々と発症しにくくなってきます。肘内障の難しい所は、まだ言葉

整形外科ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。