トップ 整形外科ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

整形外科ナビ大阪府 > 浅井整形外科クリニック

浅井整形外科クリニック

浅井整形外科クリニック

整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科・往診可・駐車場有

<診療科名>
整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科
<院長>
浅井 達郎
運動器リハビリテーションII施設基準
訪問リハビリ行います

浅井整形外科クリニック:DATA
住所〒560-0023
大阪府豊中市岡上の町4丁目1-7
電話06-6841-8854
FAX06-6841-8876
URL
営業
駐車場2台 駐車料金 無料
業種整形外科、リウマチ科、リハビリテーション科
アクセス(最寄駅)
○阪急宝塚線・豊中駅徒歩5分
(車)
○阪神高速豊中北インターから7分
○中国自動車道豊中・池田インターから10分
(その他)
阪急電鉄宝塚線、豊中駅下車、国道176号線を南へ徒歩5分
豊中郵便局南どなり
パヴィヨン豊中1階
お役立ち情報

浅井整形外科クリニックの地図

大阪府豊中市岡上の町4丁目1-7

浅井整形外科クリニックの詳しい情報です!

<関連施設>
 老人デイサービスセンター「デイサービス浜ちどり」
・住所 〒561-0813
 大阪府豊中市小曽根4-2-1
・TEL 06-6332-8030
・FAX 06-6332-8076
 
 浅井整形外科クリニック
<院長> 浅井達郎
 日本整形外科学会 整形外科専門医

理学療法士、作業療法士による運動器リハビリ、訪問リハビリの実施



スポンサー広告

ネットショップ広告


整形外科ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 肘内障の概要

肘内障は、手を強く引っ張られたり、何かにぶら下がったりしたことなどが原因で、肘が痛くて曲げられなくなるものです。主に、2歳~5歳の幼児に頻発します。脱臼としばしば勘違いされることがありますが、関節を構成する骨にズレを生じるのが脱臼であるのに対し、肘内障は靭帯にズレを生じた状態なので、全くの別物と言えるでしょう。 肘内障を1度起こすと繰り返し易いというのはよく言われる事ですが、7歳頃になれば靭帯が十分に発達するため、段々と発症しにくくなってきます。肘内障の難しい所は、まだ言葉

整形外科ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。