トップ 整形外科ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

整形外科ナビ愛知県 > こじま医院

こじま医院

こじま医院

●名鉄バス「宮田口」バス停スグ

■皮膚科 ■形成外科 ■内科
■リハビリテーション科

・皮膚の健康相談
・お肌・顔・皮膚の健康相談
・インフルエンザ予防接種応需

こじま医院:DATA
住所〒483-8376
愛知県江南市宮田町藤ノ森30
電話0587-58-8558
FAX
URL
営業
駐車場
業種医院・診療所、形成外科、内科、皮膚科、リハビリテーション科
アクセス◆バス
名鉄バス 宮田口停留所・スグ
◆その他
蘇南公園 南側
お役立ち情報

こじま医院の地図

愛知県江南市宮田町藤ノ森30

こじま医院の詳しい情報です!

◆皮膚の健康相談
◆お肌・顔・皮膚の健康相談

●皮膚は健康のバロメーター
皮膚は全身の鏡であるともいわれます。身体の内部のいろいろな病気が皮膚の変化として現れることも多いのです。美しい皮膚はまず健康から。皮膚は健康のバロメーターなのです。

●まずはご相談を!
お話を聞き、患者さんの症状を見せて頂いた上で、アドバイス、肌質に合わせた内服薬、外用薬の処方をいたします。必要であれば処置(やけど、けが、おでき等)をいたします。

■各種症状
皮膚のかゆみ、痛み、ぶつぶつ、できもの、はれもの、にきび、手あれ、肌あれ、日焼け、かぶれ、化粧かぶれ、虫刺され、じんましん、薬疹、とびひ、帯状疱疹、ヘルペス、アトピー性皮膚炎、水虫、たこ、魚の目、いぼ、ほくろ、メラノーマ(ほくろのがん)、頭じらみ、湿疹、オムツかぶれ、疥癬(カイセン)、円形脱毛症、男性型脱毛症、女性の薄毛、毛の異常、爪の異常 など

■にきびに関するご相談
にきび(ニキビ)は、思春期より青春期にかけて生じる、毛穴にできる慢性炎症性の病気です。顔、胸、背に多く生じます。最近では、ストレス、化粧などの影響で25歳を過ぎてはじめて、にきびになる人も多くいます(これを大人のにきび、アダルトにきびといいます)。にきびは放置しておくと、どんどん症状が悪化し、シミになったり、肌の表面に凹凸がにきび痕として残ることがあります。にきびができた早い段階での処置がお肌をキレイに保つ秘訣です。思春期のにきびから大人のにきびまで何でもご相談ください。

■アトピー性皮膚炎
痒みを伴い慢性的に経過する皮膚炎(湿疹)ですが、その根本には皮膚の生理学的異常(皮膚の乾燥とバリアー機能異常)があり、そこへ様々な刺激やアレルギー反応が加わって生じると考えられています。まずは症状を軽減し、日常生活に支障がない状態を維持することで、病気を苦にすることなく楽に生活できることを目標に治療に取り組んでいきます。

●江南市 ●一宮市 ●扶桑町 ●大口町 ●川島町



スポンサー広告

ネットショップ広告


整形外科ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 腰部脊柱管狭窄症の概要

腰部脊柱管狭窄症とは、脊椎にあり神経の通路である脊柱管が狭窄し、神経組織が圧迫される病気です。下肢の痺れや痛み、腰痛、筋力低下などの自覚症状を伴う他、この病気に特有の症状としては「間欠性跛行」があり、診断における大きなキーポイントになります。間欠性跛行とは、歩き始めてしばらく経つと下肢に痛みや痺れが生じ、それが段々と強くなってくるというものです。 しゃがむ、座るなどするとすぐに楽になるため「歩いては休む」を繰り返すようになることから、この名前が付けられました。間欠性跛行を和

整形外科ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。