トップ 整形外科ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

整形外科ナビ神奈川県 > 市が尾整形外科クリニック

市が尾整形外科クリニック

市が尾整形外科クリニック

市が尾駅下車、東口より徒歩2分、西友ストア向かい。

市が尾整形外科クリニックは骨折・捻挫などの外傷、腰痛、関節痛、リウマチ、五十肩、骨粗鬆症、手足のしびれや麻痺、スポーツのケガなどを扱う 整形外科の専門クリニックです。

市が尾整形外科クリニック:DATA
住所〒225-0024
神奈川県横浜市青葉区市ケ尾町1063-12-101
電話045-973-8013
FAX
URLhttp://www009.upp.so-net.ne.jp/ichigaoseikei/
営業
駐車場
業種整形外科、リハビリテーション科
アクセス◆鉄道
東急田園都市線・市が尾駅東口より徒歩2分、西友ストア向かい。
◆バス
横浜市営バス、東急バス 「東口商栄会通り」停留所・歩いてすぐです
お役立ち情報

市が尾整形外科クリニックの地図

神奈川県横浜市青葉区市ケ尾町1063-12-101 (Sorry, this address cannot be resolved.)

市が尾整形外科クリニックの詳しい情報です!

市が尾整形外科クリニックは、来院された皆様にご自身の病気や障害について正しく理解していただけるよう、その原因から治療法までを、できる限り詳しく丁寧にご説明させていただくことを心がけております。

取り扱う疾患の主なものは以下のとおりです。

〔外傷〕
骨折、脱臼、捻挫、打撲、切り傷・擦り傷、
火傷、肉離れ、靭帯損傷、むち打ち症(頚椎捻挫)など

〔首や肩の痛み・うでや手の痛みやしびれ〕
肩こり、変形性頚椎症、筋緊張性頭痛、四十肩・五十肩
頚椎椎間板ヘルニア、テニス肘、腱鞘炎、ばね指、手指の変形性関節症、手根管症候群など

〔背中や腰の痛み・足のしびれ〕
急性・慢性腰痛症、変形性腰椎症、腰椎椎間板ヘルニア
腰部脊柱管狭窄症、坐骨神経痛、肋間神経痛など

〔股関節や膝の痛み・足の痛み〕
変形性股関節症、変形性膝関節症、こむら返り、
シンスプリント等のスポーツ障害、足底腱膜炎、痛風、足の腱鞘炎、魚の目、モートン病、疲労骨折など

〔その他〕
骨粗鬆症、関節リウマチなどの関節炎、骨・軟部腫瘍、小児整形外科(小児の外傷、脊椎側弯症、関節痛、関節炎など)また労働災害、交通事故による外傷も診療いたします。

また理学療法として各種の治療装置により、それぞれの症状に応じた治療を行なっております。磁気温熱治療器干渉電流型低周波治療器、マイクロ波治療器、自動間欠牽引装置、ウォーターベッド型マッサージ器、下肢空圧マッサージ器などの機器をご利用いただけます。

市が尾整形外科クリニックは、皆様の病気や障害を、
皆様と一緒にケアしていきたいと考えております。



スポンサー広告

ネットショップ広告


整形外科ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 肘内障の概要

肘内障は、手を強く引っ張られたり、何かにぶら下がったりしたことなどが原因で、肘が痛くて曲げられなくなるものです。主に、2歳~5歳の幼児に頻発します。脱臼としばしば勘違いされることがありますが、関節を構成する骨にズレを生じるのが脱臼であるのに対し、肘内障は靭帯にズレを生じた状態なので、全くの別物と言えるでしょう。 肘内障を1度起こすと繰り返し易いというのはよく言われる事ですが、7歳頃になれば靭帯が十分に発達するため、段々と発症しにくくなってきます。肘内障の難しい所は、まだ言葉

整形外科ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。