トップ 整形外科ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

整形外科ナビ整形外科で病気を治す(2) > 脊髄腫瘍の概要

脊髄腫瘍の概要

脊髄腫瘍の概要の画像

脊髄腫瘍とは、10万分の1の確率で発病すると言われる極めて稀な病気です。「原発性脊髄腫瘍」と「続発性脊髄腫瘍」と言う2つのタイプに分類され、それぞれに病態や症状が異なります。まず、原発性脊髄腫瘍については、脊髄の内部細胞、あるいは脊髄付近にある細胞に腫瘍が出来るものです。但し、脊髄の内部細胞に腫瘍が出来るケースは原発性脊髄腫瘍全体の1割程度に過ぎず、大部分は脊髄付近にある細胞に発症します。

原発性脊髄腫瘍の中には、癌性の腫瘍があれば、そうでない腫瘍もあります。例が少ないので具体的な症状に関するデータはまだありませんが、癌性の場合とそうでない場合とで症状が違ってくるのは事実です。一方、続発性脊髄腫瘍については、他の部位にあった癌細胞が脊髄へと転移したもので、ガン性の腫瘍のみである点が特徴と言えます。

特に多いのは、肺や乳腺、前立腺、甲状腺、腎臓から転移したケースで、これらは脊髄を外側から圧迫する点で共通しています。脊髄腫瘍は、脊髄や神経根が腫瘍で圧迫されることによって症状を表します。脊髄が圧迫された場合の主な自覚症状としては、腰痛、下肢の感覚低下、麻痺、そして男性の場合には勃起不全が見られ、さらに悪化して脊髄の血流が滞ると、組織の壊死や腫れ、水が溜まるといった状態が確認されます。

また、神経根が圧迫された場合の自覚症状としては、筋肉の痛みや痺れ、筋力低下の他、筋肉がチクチクするなどの不快感を訴えるケースもあります。脊髄は、人が日常生活を送る上で欠かせない動作をする上で非常に重要な役割を果たす部位ですから、障害を残さないためにも整形外科における正確な診断と早急な治療が要求されます。

脊髄腫瘍は、続発性であればMRIやCTによって診断する事が可能です。原発性の場合には上記では不十分で、生検が不可欠となります。脊髄腫瘍の主な治療方法としては外科的手術が一般的ですが、放射線治療を採り入れる事もあります。



スポンサー広告

ネットショップ広告


整形外科ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 保存療法とは

整形外科で行なわれる治療法の1つ「保存療法」とは、外科的手術を行なわない治療法であり、身体的にも精神的にも患者の負担が少ないのが大きなメリットです。つまり、医師が存在しない整体院や整骨院で行なわれる治療は、全て保存療法であると言えます。 保存療法の種類としては「薬物療法」「運動療法」「理学療法」「マッサージ療法」「神経ブロック療法」といったものがある他、生活習慣や姿勢、動作など日常生活を営む上でのアドバイスを受けるのも広義の保存療法です。まず、薬物療法についてですが、これに

整形外科ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。