トップ 整形外科ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

整形外科ナビ > 整形外科で病気を治す(2)

整形外科で病気を治す(2)

脊髄腫瘍の概要

脊髄腫瘍とは、10万分の1の確率で発病すると言われる極めて稀な病気です。「原発性脊髄腫瘍」と「続発性脊髄腫瘍」と言う2つのタイプに分類され、それぞれに病態や症状が異なります。まず、原発性脊髄腫瘍については、脊髄の内部細胞、あるいは脊髄付近にある細胞に腫瘍が出来るものです。但し、脊髄の内部細胞に腫瘍が出来るケースは原発性脊髄腫瘍全体の1割程度に過ぎず、大部分は脊髄付近にある細胞に発症します。 原発性脊髄腫瘍の中には、癌性の腫瘍があれば、そうでない腫瘍もあります。例が少ないので



スポンサー広告

ネットショップ広告


整形外科で病気を治す(2)の記事

整形外科で病気を治す(2)のカテゴリーには以下の記事がリストされています。

ぜひご覧ください。

脊髄腫瘍の概要

脊髄腫瘍の概要

脊髄腫瘍とは、10万分の1の確率で発病すると言われる極めて稀な病気です。「原発性脊髄腫瘍」と「続発性脊髄腫瘍」と言う2つのタイプに分類され・・・


手根管症候群の概要

手根管症候群の概要

中年以降の女性に多く、手の痺れを主症状とする整形外科の病気に手根管症候群があります。手根管とは、手首内にある骨と靭帯に覆われたトンネル状の・・・


大腿骨頭辷り症の概要

大腿骨頭辷り症の概要

大腿骨頭辷り症は、大腿骨の股関節部分にある骨端線(骨の端にある軟骨と骨の境目の部分)が後方へ辷ってズレを生じるもので、主に成長期の子供に多・・・


ユーイング肉腫と骨巨細胞種

ユーイング肉腫と骨巨細胞種

ユーイング肉腫とは、主に骨や筋肉、神経に出来る悪性腫瘍の事を言います。これらの発達が盛んな小児期から青年期に発症率が高く、特に20歳までに・・・


骨肉腫の概要

骨肉腫の概要

骨肉腫とは骨に出来る腫瘍のことで、通常は悪性腫瘍の事を言います。腫瘍細胞が骨の生成を阻害するのが特徴であり、細胞の活動が盛んな幼少期~青年・・・


今日のお勧め記事 ⇒ 捻挫の概要

捻挫とは「挫き(くじき)」とも呼ばれ、関節に関節の限界を超えた動きが加わった場合に起こるものです。転んだ時やスポーツをしている時などに足首を捻って捻挫になった経験のある方も多いことでしょう。捻挫は、起きた部位によって「足関節捻挫」「手関節捻挫」「腰部捻挫」「頚椎捻挫」「膝関節捻挫」「肩鎖関節捻挫」などの分類があります。 捻挫になると、運動痛や圧痛、腫れといった症状が見られる他、圧迫すると痛い(圧痛)のも特徴的です。応急処置としては、まず冷やす事が第一になります。湿布薬がなく

整形外科ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。