トップ 整形外科ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

整形外科ナビ > 整形外科で病気を治す(1)

整形外科で病気を治す(1)

腰部脊柱管狭窄症の概要

腰部脊柱管狭窄症とは、脊椎にあり神経の通路である脊柱管が狭窄し、神経組織が圧迫される病気です。下肢の痺れや痛み、腰痛、筋力低下などの自覚症状を伴う他、この病気に特有の症状としては「間欠性跛行」があり、診断における大きなキーポイントになります。間欠性跛行とは、歩き始めてしばらく経つと下肢に痛みや痺れが生じ、それが段々と強くなってくるというものです。 しゃがむ、座るなどするとすぐに楽になるため「歩いては休む」を繰り返すようになることから、この名前が付けられました。間欠性跛行を和



スポンサー広告

ネットショップ広告


整形外科で病気を治す(1)の記事

整形外科で病気を治す(1)のカテゴリーには以下の記事がリストされています。

ぜひご覧ください。

腰部脊柱管狭窄症の概要

腰部脊柱管狭窄症の概要

腰部脊柱管狭窄症とは、脊椎にあり神経の通路である脊柱管が狭窄し、神経組織が圧迫される病気です。下肢の痺れや痛み、腰痛、筋力低下などの自覚症・・・


リウマチの概要

リウマチの概要

リウマチとは「骨、筋肉、関節の痛み及びこわばりが見られる病気の総称」です。但し、単にリウマチと言う場合には「関節リウマチ」を指し、他の部位・・・


ヘルニアの概要

ヘルニアの概要

ヘルニアとは、体の中にある臓器などが突き出ている状態のことで、椎間板ヘルニアや鼠径ヘルニア、頚椎ヘルニア、横隔膜ヘルニア、臍ヘルニア(いわ・・・


変形性関節症の概要

変形性関節症の概要

変形性関節症とは、関節軟骨の退行性変化によって弾力性が無くなり、関節が変形して機能が悪くなる炎症性の病気です。骨棘と呼ばれる特有の骨の異常・・・


骨粗鬆症の概要

骨粗鬆症の概要

骨粗鬆症とは、骨の形成速度よりも吸収速度の方が早くなり、結果として骨に細かな穴がたくさん出来る病気です。そのため、骨量の減少や骨の脆さが生・・・


今日のお勧め記事 ⇒ 変形性関節症の概要

変形性関節症とは、関節軟骨の退行性変化によって弾力性が無くなり、関節が変形して機能が悪くなる炎症性の病気です。骨棘と呼ばれる特有の骨の異常新生及び軟骨の異常新生が見られます。最も大きな要因は加齢ですが、関節疾患を患った経験がある方や、肥満体の方、ホルモン異常や代謝異常がある方、関節の形成異常がある方も罹患し易い他、外傷も要因の1つとして挙げられます。 私達の体は通常、関節軟骨の傷みや摩り減りを生じると、それを修復しようと働きます。しかし、本来あった通りには修復することが難し

整形外科ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。