トップ 整形外科ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

整形外科ナビ > 整形外科で怪我を治す

整形外科で怪我を治す

肘内障の概要

肘内障は、手を強く引っ張られたり、何かにぶら下がったりしたことなどが原因で、肘が痛くて曲げられなくなるものです。主に、2歳~5歳の幼児に頻発します。脱臼としばしば勘違いされることがありますが、関節を構成する骨にズレを生じるのが脱臼であるのに対し、肘内障は靭帯にズレを生じた状態なので、全くの別物と言えるでしょう。 肘内障を1度起こすと繰り返し易いというのはよく言われる事ですが、7歳頃になれば靭帯が十分に発達するため、段々と発症しにくくなってきます。肘内障の難しい所は、まだ言葉



スポンサー広告

ネットショップ広告


整形外科で怪我を治すの記事

整形外科で怪我を治すのカテゴリーには以下の記事がリストされています。

ぜひご覧ください。

肘内障の概要

肘内障の概要

肘内障は、手を強く引っ張られたり、何かにぶら下がったりしたことなどが原因で、肘が痛くて曲げられなくなるものです。主に、2歳~5歳の幼児に頻・・・


挫傷の概要

挫傷の概要

挫傷とは、鈍力が加えられたことが原因で起こる外傷の事を言います。皮膚表面の損傷はほとんど見られず、皮下組織や臓器など内部損傷が主体となって・・・


捻挫の概要

捻挫の概要

捻挫とは「挫き(くじき)」とも呼ばれ、関節に関節の限界を超えた動きが加わった場合に起こるものです。転んだ時やスポーツをしている時などに足首・・・


骨折の概要

骨折の概要

骨折で整形外科デビューをしたという方も、多いのではないでしょうか?骨折には、2つのタイプがあります。まず、1つ目に挙げられるのが「完全骨折・・・


脱臼の概要

脱臼の概要

脱臼とは、関節を形成する2つの骨が互いの正しい位置関係を失ってしまった状態を言います。一般的には「関節が外れた」という表現がよく使われてい・・・


今日のお勧め記事 ⇒ 手根管症候群の概要

中年以降の女性に多く、手の痺れを主症状とする整形外科の病気に手根管症候群があります。手根管とは、手首内にある骨と靭帯に覆われたトンネル状の器官の事で、内部には前腕を内側に捻ったり手首・手指を屈曲させたりする動きに関わる正中神経と、9本の手指を曲げる腱が通っています。手根管症候群とは、手根管内部を通る正中神経に慢性的な圧迫が生じ、それによって引き起こされる様々な症状の総称です。 この病気に特有の初期症状としては、人差し指や中指の親指側に発症する痺れや痛みがあります。最も顕著な

整形外科ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。