トップ 整形外科ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

整形外科ナビ整形外科について知ろう > 外科的手術とは

外科的手術とは

外科的手術とはの画像

外科的手術とは、メスを使って行なう一般的な手術の事を言います。整形外科で行なわれる外科的手術には実に様々なものがありますが、中でも特に事例が多いのが椎間板ヘルニアの手術です。椎間板ヘルニアの外科的手術と言えば「LOVE法」が有名です。これは、全身麻酔下で行なう手術で、背中を5cm程度メスで切開し、ヘルニアとなっている部分を削り取ります。30分~1時間で完了する簡単な手術ですが、手術後は休養とリハビリが不可欠のため、2週間程の入院が必要です。

椎間板ヘルニアで行なわれる手術としては、上記以外にも「顕微鏡下ヘルニア摘出術(MD法)」や「内視鏡下ヘルニア摘出術(MED法)」「経皮的髄核摘出術(PN法)」「レーザー椎間板減圧術」といったものがあります。このうち「顕微鏡下ヘルニア摘出術(MD法)」と「内視鏡化ヘルニア摘出術(MED法)」は、LOVE法と同様にヘルニアを直接摘出する手術であり、前者は顕微鏡を用いて行なう方法、後者は内視鏡と器械を挿入してモニターを見ながら行なう方法です。

一方「経皮的髄核摘出術(PN法)」と「レーザー椎間板減圧術」については、椎間板の内圧を抑えてヘルニアを引っ込める手術であり、前者は椎間板に管を通し、そこに特殊な器具を差し込んで髄核を切除する方法、後者はレーザーを使って髄核を焼き縮める方法を言います。

その他、整形外科で行なわれる外科的手術としては、腰部脊柱管狭窄症(坐骨神経痛)で行なわれる「開窓術」や「椎弓切除術」「脊柱管拡大術」、変形性母指手根中手関節症で行なわれる「関節固定術」「切除関節形成術」などがよく知られているものとして挙げられます。これらのうち「開窓術」というのは「切り開いて患部を露出する手術」全般を指す言葉であり、腰部脊柱管狭窄症だけでなく様々な病気に用いられる手術です。

整形外科における外科的手術は、病気によって様々な方法があり、それによって入院日数や日常生活に戻れる早さも違ってきます。「なるべく簡単で、短い入院日数で済むものを」と希望される方が多いと思いますが、それは患者の容体や病気の進行状況を見ながら主治医が検討する事です。どうしても要望がある場合にはその旨を主治医に伝え、話し合いによって納得のいく手術方法を見付けましょう。



スポンサー広告

ネットショップ広告


整形外科ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 肘内障の概要

肘内障は、手を強く引っ張られたり、何かにぶら下がったりしたことなどが原因で、肘が痛くて曲げられなくなるものです。主に、2歳~5歳の幼児に頻発します。脱臼としばしば勘違いされることがありますが、関節を構成する骨にズレを生じるのが脱臼であるのに対し、肘内障は靭帯にズレを生じた状態なので、全くの別物と言えるでしょう。 肘内障を1度起こすと繰り返し易いというのはよく言われる事ですが、7歳頃になれば靭帯が十分に発達するため、段々と発症しにくくなってきます。肘内障の難しい所は、まだ言葉

整形外科ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。