トップ 整形外科ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

整形外科ナビ整形外科について知ろう > 整形外科と整体院・整骨院との違い

整形外科と整体院・整骨院との違い

整形外科と整体院・整骨院との違いの画像

肩こりや腰痛、関節痛といった症状が見られる時、整形外科ではなく整体院や整骨院へ足を運ぶ方も多いのではないでしょうか?整形外科と整体院・整骨院が治療の対象にしている外傷や病気は重なる部分が多いですが、その治療内容は全く異なります。ここでは、これらの違いについて見ておく事にしましょう。

まず、整形外科の場合には、医師の国家資格を持つ整形外科医が治療に当たる公的医療機関です。分野的には西洋医学であり、レントゲンや血液検査といった各種の検査で詳しい診断を行なうことが出来る他、投薬や注射、理学療法、外科的手術といった処置が施されます。痛みやこわばりといった症状の根本的な原因を追究し、患部の詳しい状態を知ることも出来るのが大きなメリットと言えるでしょう。

一方、整体院や整骨院は広義の医療機関に含まれますが、公的医療機関ではありません。分野的には東洋医学となり、治療に当たるのも、医師ではなく「整体師」「整骨師」などと呼ばれる「柔道整復師」です。柔道整復師とは、日本特有の伝統医療である柔道整復術を修得し、国家試験に合格した人だけが認められる国家資格を言います。

医師とは違いますから、こちらで出来る処置は「手による施術」のみであり、薬の処方や注射、レントゲンなどの画像診断、メスを使った外科的手術を行なう事はありません。そのため、対象となる症状も肩こりや腰痛、骨折、脱臼、捻挫などと限られており、医師や看護師、薬剤師が必要となるような外傷や病気の場合には十分な対応を行なう事が出来ないのです。

自分では単なる肩こり・腰痛と思っていても、実は別の重大な病気や深刻な事態が潜んでいた……というケースも少なくありません。特に、整形外科の分野では初期におけるレントゲンなどによる画像診断や血液検査は非常に重要な意味を持ちます。整体院や整骨院での治療を希望されている方でも、やはり最初は整形外科で詳しい検査を受け、医師の判断を仰いでからにしたいものです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


整形外科ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ ヘルニアの概要

ヘルニアとは、体の中にある臓器などが突き出ている状態のことで、椎間板ヘルニアや鼠径ヘルニア、頚椎ヘルニア、横隔膜ヘルニア、臍ヘルニア(いわゆる出ベソ)、腹壁ヘルニア、脳ヘルニア、嵌頓ヘルニアといった色々な種類があります。中でも、椎間板ヘルニアは整形外科の疾患としてはすっかりお馴染みであり、この病名を知らない人はいないと言っても過言ではないでしょう。 椎間板とは、線維輪と呼ばれるコラーゲンを含む部分で周囲を覆われており、内部に髄核と呼ばれるゼラチン状のものが入っているという、

整形外科ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。