トップ 整形外科ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

整形外科ナビ整形外科について知ろう > 整形外科と形成外科の違い

整形外科と形成外科の違い

整形外科と形成外科の違いの画像

「整形手術は、整形外科で行なうもの」と思ってはいませんか?いいえ、実は顔や体の一部の形を変える整形手術は、整形外科ではなく形成外科の領域です。ここでは、整形外科と形成外科の違いについて知っておく事にしましょう。まず、整形外科については前の項目で述べた通り「骨、関節、筋肉、脊柱などに関わる外傷や病気の治療を行なうお医者さん」であり、それに伴って必要になる外科的手術は基本的には外科の領域になります。

一方、形成外科は臨床医学の分野において比較的新しい診療科目です。美容外科という診療科目を見聞きした覚えのある方も多いと思いますが、これも形成外科の一分野になります。基本的には、火傷や骨折などによる損傷、及び先天異常等で損傷のある顔や体の外面的な部分を「再生」させるための医療分野で、ワキガや体臭といったニオイの治療やホクロの除去なども取り扱っています。

但し、美容外科の看板を掲げているお医者さんの場合には、この限りではなく、損傷や異常を伴うものでなくとも「目をパッチリ二重にしたい」「鼻を高くしたい」「胸を大きくしたい」といった要望に応えてくれます。なお「○○美容形成外科」という名称のクリニックも多数ありますが、こういった所では美容外科と形成外科、両方の分野を総合的に取り扱っていますので「自分の場合はどちらに当てはまるか分からない」という方でも安心です。

但し、整形外科や形成外科では保険診療となりますが、美容外科の分野では保険が利かず基本的に自費診療となります。いわゆるヒアルロン注射のようなプチ整形ではなく、本格的な整形手術を希望するとなるとかなり高額のお金が必要になりますので、事前に担当医師とよく相談した上で決めましょう。

……如何でしょうか?整形外科では、外面上の問題ではなくあくまでも骨や関節、筋肉、脊柱といった表面からは見えない部分を取り扱っていたのに対し、形成外科では外面的な問題を専門に取り扱っているということがお分かり頂けた事と思います。



スポンサー広告

ネットショップ広告


整形外科ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 捻挫の概要

捻挫とは「挫き(くじき)」とも呼ばれ、関節に関節の限界を超えた動きが加わった場合に起こるものです。転んだ時やスポーツをしている時などに足首を捻って捻挫になった経験のある方も多いことでしょう。捻挫は、起きた部位によって「足関節捻挫」「手関節捻挫」「腰部捻挫」「頚椎捻挫」「膝関節捻挫」「肩鎖関節捻挫」などの分類があります。 捻挫になると、運動痛や圧痛、腫れといった症状が見られる他、圧迫すると痛い(圧痛)のも特徴的です。応急処置としては、まず冷やす事が第一になります。湿布薬がなく

整形外科ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。