トップ 整形外科ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

整形外科ナビ整形外科について知ろう > 整形外科で出来る事

整形外科で出来る事

整形外科で出来る事の画像

整形外科とは、どのようなお医者さんなのでしょうか?総合病院へ行けば必ず目にするお馴染みの診療科目ですし、一歩街に出れば整形外科の看板を掲げた病院や医院は多数存在します。しかし、意外とその実情は知られていません。整形外科で何が出来るのか、どんな治療をしてもらえるのか、今一度ここでしっかりと理解しておく事が肝心です。

まず、専門的な話からすると、私達人間が一定の姿勢を保持したり身体運動を行なったりする際には、様々な体の器官が関わっています。整形外科というのは、そういった「体勢を整える」ことに関わる器官を取り扱うお医者さんであり、臨床医学の分野における専門分科の1つなのです。なお、ここで言う器官とは、骨、関節、筋肉、脊柱を意味し、これらの外傷や病気を治療することが出来るお医者さんこそが、整形外科であるという訳です。ですから、もしあなたが不慮の事故や転倒などによって体の一部を骨折したり、その疑いがあったりというような場合には、まず整形外科を受診しましょう。もちろん、捻挫や挫傷、脱臼、肩こり、腰痛、腱鞘炎なども整形外科になります。

一方、リウマチやヘルニア、骨肉腫、ユーイング肉腫といった病気も、整形外科が専門です。整形外科で外傷だけでなく病気の治療も行なっているというのは、ちょっと意外だと思われる方も多いかもしれませんね。但し、お医者さんによっては、整形外科とは別にリウマチやヘルニアの専門外来を設置している所がありますし、整形外科の看板を掲げていなくてもそういった専門外来が設けられている場合もあります。

お医者さんにかかる際には、事前に十分な情報収集を行ない、分からない事があれば問い合わせをしてから出掛ける事が大切と言えるでしょう。ところで、整形外科というのは、突然起きた外傷を診てくれるお医者さんです。今現在は整形外科に無縁な方も、いつお世話になることになるか分かりませんから、自宅や職場から程近い場所でかかりつけ医を探しておかれる事をお勧めします。



スポンサー広告

ネットショップ広告


整形外科ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 骨粗鬆症の概要

骨粗鬆症とは、骨の形成速度よりも吸収速度の方が早くなり、結果として骨に細かな穴がたくさん出来る病気です。そのため、骨量の減少や骨の脆さが生じ、些細な事で骨折をし易くなります。骨粗鬆症という病名が日本においてよく聞かれるようになったのは割と最近のことですが、実は歴史を遡ってみると古代エジプト文明時代から既にあった病気であると言います。 ただ、骨粗鬆症は高齢者に多い病気です。日本の高齢化は、それだけ骨粗鬆症患者の増加に繋がっているというのは、紛れもない事実であると言えるでしょう

整形外科ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。